山びこ学校
岩波書店

山びこ学校

通常価格 ¥1,010 ¥0 単価 あたり
昭和23年、山形の寒村に赴任した新任教師が世に問うた、作文集「山びこ学校」。生活綴方とは、子どもが自分自身の生活の中で見て、聞いて、感じたことを自身の言葉で文章に表現することを言う。戦争直後のほんものの貧しさ、貧しくて人が死んでいくさまや、子どもが食べるのに困る様子は読むのに苦しい。しかし書いた綴方を出発点とし、「なんでも、なぜ? と考える人になろう」「いつでも、もっといい方法がないか、探そう」という理念と新しい共同性を獲得した事実は、今の暮らしに置き換えても、とても明るい支えになると思う。書くことで考え、観察し、気づくということは、私たちにも始められそうだ。

x