読書からはじまる

「読まない本」にゆたかさがある。「たくさん読む」が正解ではない。

本は、私たちの想像よりもずっと優しく、あらゆることを許してくれる友人だ。本はあなたを孤独にしない。

そして読んだら忘れてしまえるというのが本のいいところ!だってまた読む機会を得られるから。

本は親しい友人。本はだいじな記憶の扉。

本は言葉を紡ぎ、世界を身近にとりもどす一つの装置。

本はもうひとつの時間の入り口。

自分の心のなかに失いたくない言葉を蓄える場所。

本は人生の比喩。

すべては読書からはじまる。

・判型 文庫版/201ページ

価格 

¥720

+税

在庫あり