ジャグラーのぼうけん vol.1|青木直哉

—-フツーの中学生、ジャグラーになって、世界へ。

ジャグリングのメディア「PONTE」編集長の青木直哉が、いかにして14歳でジャグリングを始め、また、なぜ世界のジャグリングシーンをその目で見ようと夢を膨らませたのか。

ジャグリングを携えて各地を巡った旅と、出会った人々のことを、エッセイ調で伝えるシリーズ『ジャグラーのぼうけん』。

第一弾では、始まりの数年間について触れています。

ジャグリングをよく知っている人にも、また、まだ知らない人にも。

実際に訪れて、見て、聞いて、感じてきた異国の空気と、各国のジャグラーたちの生き方。その質感を、文章を通して伝えられたら、という思いで執筆を始めた、小さな「ぼうけん」の書です。

【感想紹介】

「ふわっと離陸するような感じが心地いい。もっともっと続きが読みたい。と同時に、僕も、どこかに行って、なにかを感じたくなってくる。本でジャグリングのよさを感じる、って本当にすごいことだと思う」- PM Juggling 板津大吾

著者 青木直哉

判型 A6やや小さめ/52ページ

編集 中岡祐介(三輪舎)

価格 

¥800

+税

在庫あり