NEUTRAL COLORS 4 / 特集・雑誌を仕事にすると決めた運河の畔

加藤直徳

初回注文特典として、オリジナル手刷りトートバッグつき!(なくなりしだい終了となります)

 

第4 号は「仕事」特集

 

「仕事とはなにか?働く意味は?」という根源的な問いとともに、ベーシックインカムの可能性を探究しながら取り組んだイシュー。まずは自分が「雑誌を仕事として継続していけるか」を探りに、ベルリンのブックフェアとアムステルダムのパブリッシャーを訪ねる。ヨーロッパ及び世界流通へ、飛び込み営業の結果やいかに。美濃和紙の工房に“臨時”で弟子入りし、オリジナル和紙を漉き込む。福島の故郷に戻り人生を模索する女性、空飛ぶ車を開発するテック企業、消えゆく文字の仕事「写植」を記憶し、落選中の政治家にフォーカスする。障害を持つ人が働くほんとうの意味、宮大工が思考する木と石の建築物。アリ植物の夢を見て、シンガポールのインディペンデント出版に触発される。校正という仕事の裏側、写真家が養蜂に見る“脱成長”への道??。NEUTRAL COLORS ならではの手刷り感溢れる印刷、泣きたくなるくらい正直で内面に刺さるテキスト、雑多でページをめくるたびに驚きがあるデザイン。紙でしか味わえない新しい雑誌体験がここにあります。

 

雑誌の余り紙で漉いたオリジナル和紙が1枚付いています

 

 

誌名 NEUTRAL COLORS 4 ニュー・カラー4 号

頁 272P

判型 B5正寸 H257? × W182?

印刷 オフセット・リソグラフ

綴じ 中綴じ・左開

価格 2700円+ 税

発売 NEUTRAL COLORS

ISBN 978-4-909932-10-5 C0400

 

価格 

¥2,700

+税

在庫あり

出版社  NEUTRAL COLORS
判型   B5
頁数   272ページ

こちらもおすすめ