終了 / ワークショップ・妙蓮寺みつける写真館〔8/15・8/29〕

 いつも何気なく通り過ぎている風景を、カメラのレンズに通して見ると新しい表情が見えてきます。インスタントカメラを用いて、現代美術アーティストのハーネ・マリーさんと一緒に、多彩な”妙蓮寺”を見つけに行きましょう!撮影した写真はフィルムに現像し、後日、小さな展覧会も開きます。

 新型コロナの影響で行動する範囲は狭くなりましたが、そのぶん自分が暮らす場所に目を向けてみる余地が生まれました。妙蓮寺に住みながら立ち止まることのなかった風景や、聞くことのなかった生活の音、誰かの小さな物語に触れる機会も多くなりました。今まで言葉にしなかっただけの、日常のスナップは暮らす人の数だけあるように思います。暮らすまち=地元と、暮らす人の間にある、ささやかな思いを写真に納め、地元のことを言葉にしてみる、そんなワークショップです。

スケジュール

  • 1日目:15日(土)17:00-19:00 写真のミニ講義、妙蓮寺を散歩しながら撮影、休憩/ 自分で好きに撮影してみる
  • 2日目:29日(土)17:00-19:00 フィルムの現像、写真の選定、展覧会の打ち合わせ

開催概要

  • 開催日 2020年8月15日(土)・29日(土)※2日間通しイベント
  • 時間 17:00〜19:00
  • 定員 5名(先着順)
  • 参加費 3,300円 税込(インスタントカメラ代+ネガ現像代+展覧会経費 含む)
  • 参加申し込み メール予約 workshop.tsudurikata@gmail.com ※お名前、電話番号、人数を明記ください

お願い 

当イベントは、主に屋外と生活綴方の店内で行います。参加される方はマスクの着用、消毒、他の参加者と程よい距離をとるようご協力をお願いいたします。店内では、消毒、換気を行います。状況により、催しを延期・中止にする場合もありますのでご理解ください。

企画 本屋・生活綴方  題字 ハーネ・マリー  写真 田中晴暇

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です