イベント — タラブックス

松岡宏大「ひとりみんぱく45」展|トークイベントも開催します

松岡宏大「ひとりみんぱく45」展|トークイベントも開催します

松岡宏大さんが世界中を旅しながら見つけた、また、なんの因果か手元に巡ってきた民藝品が一堂に会する“ひとり民族博物館”「ひとりみんぱく45」展を開催します。その名のとおり、“国立民族学博物館” 所蔵品級の珍しい品々を展示します。開催に合わせて、展示しきれない民藝品を含めた45品を撮影し、リソグラフプリントで印刷したカタログZINEも刊行します。 概要 日時 2021年6月25日(金)〜7月13日(火)12時〜18時 会場 本屋・生活綴方 入場 無料 ※過密を避けるため人数制限を行う場合があります  トークイベント開催のお知らせ 7月10日(土)に松岡宏大さんをお招きしてトークイベントを開催します。松岡さんの民藝品には、特別な物語があります。旅の途中で見つけて買ったという単純な話ではなく、人間どうしのかかわりのなかで、贈られ、受け取ってきたものが、松岡さんのコレクションになっています。当日は、そのひとつひとつの物語を伺いたいと思います。聞き手は、本展の企画者である、本屋・生活綴方の監修の中岡祐介(三輪舎)です。 Peatixイベントページへ   松岡宏大さんよりコメント 『ひとりみんぱく123』を刊行したのは、2017年5月に行われた「本との土曜日」というイベントでのことだった。初版10冊。旅先で集めた僕の個人的な文物を並べたものだったのだが、意外なほど評価を受け、これをきっかけに代々木上原のhako galleryでイベントをやらせていただいたり、『暮しの手帖』に家まで取材に来ていただりもした。  一番の変化といえば、素晴らしい文物、そして素敵な人々が集まってくるようになったことだ。「こんなものがありますよ」「こんな人がいますよ」と紹介されたり、「松岡さんが持っていてくれた方がいいかと思って」とプレゼントされたり、『ひとりみんぱく123』にインスピレーションを受けて展示を行ってくれた作家もいた。ときにはそんな人たちと一緒に旅へも出かけた。『ひとりみんぱく123』を通じて僕の世界は広がった。  今回、『ひとりみんぱく45』と称して、『ひとりみんぱく123』の後、僕のまわりに集まってきた物語をここで紹介してみたいと思う。 松岡宏大 Kodai Matsuoka 1970年生まれ。1995年よりカメラマン、編集者として活動。『地球の歩き方』をはじめ、南アジアやアフリカなど辺境エリアを中心にガイドブックや旅行雑誌の取材、編集に携わる。2019年にはゴンドアートの源流を『夜の木』で知られる画家バッジュ・シャームと探求した写真文集『 Origins of Art : The Gond Village of Patangarh』をタラブックス(インド)より出版(現在日本語版を出版準備中)。他の著書として、『持ち帰りたいインド』(野瀬奈津子との共著、誠文堂新光社)、『タラブックス インドのちいさな出版社、まっすぐに本をつくる』(野瀬奈津子・矢萩多聞との共著、玄光社)。

続きを読む →

x